睡眠時の適切な部屋の温度

睡眠時の部屋の温度

理想的な睡眠時の部屋の温度は20~22℃です。

結構涼しく、中にはすごく寒く感じる方もいるかと思いますが、「親が部屋に入っていき肌寒いぐらいが最適な温度です」と伝えています。夜中子どもが起きた時に背中に手を入れ、汗をかいていたら暑すぎますので服装で調整、または温度調整を行ってください。

冬場の服装:
寝がえり前:長袖+長ズボン+スリープサック(又はおくるみ)
寝返りができるようになったら:長袖+長ズボン+スリーパー(足がでるタイプ)

✴新生児は暑すぎてしまうと、睡眠時無呼吸症候群(SIDS)の確率があがると言われていますので、十分に気を付けてください。

✴幼児の場合、夜中暑すぎてしまうと怖い夢をみたり、夜驚症が発症することがありますのでもし夜中怖い夢を見て起きている場合は少し温度を下げるまたは服装で調整をしてみてください。

スリープサック

スリーパー