第10刷の重版が決まりました!

米国APSC公認・IPHI公認 日本人初 乳幼児の睡眠コンサルタント、APSCアジア/インド代表 & IPHI妊婦と乳幼児睡眠コンサルタント資格取得講師、Sleeping Smart Consulting 代表の愛波文です。 科学的根拠に基づいた乳幼児(小児)の睡眠の知識と日本人の生活スタイルに合わせたねんねトラブル改善方法をみなさんにお伝えしております。

 

 

「ママと赤ちゃんのぐっすり本」第10刷の重版が決まりました!

 

 

image

 

 

まさか年内に講談社から重版の連絡が来ると思っていなかったので朝メールを見てびっくり!

 

ママと赤ちゃんのぐっすり本」の監修に入ってくださった、スタンフォード大学睡眠研究所所長の西野先生・鹿児島大学小児歯科の佐藤先生には本当にいつもお世話になっていて、勉強をさせていただいてます。分からないことがあったり、論文を読みたいときはメールをすると、すぐ返事がくるんです。ミーティングもすぐ設定してくださるんです。感謝しかありません!

 

 

2020年はまた大きな一歩を踏み出す予定です笑

 

 

image

 

 

さて、この写真ですが、なぜ悲鳴?!という感じですよね!長男がどうしても読めない漢字です。何回やっても読めない漢字はビジュアルも一緒に印刷して、家中に貼っています笑 絵を一緒に貼っとくとイメージがつき、覚えが早くなるので、ビジュアルは必須。バイリンガル教育も毎日頑張っています!

 

 

image

 

 

悲鳴は若干怖いですが、インパクトがあるので1日で覚えました。ちなみに、4歳の次男も覚えました笑。印刷して、切って貼るのにかかる時間は3分。なんで覚えられないの!とイライラするのは私が疲れるので、なるべく自分がイライラしない方法で勉強させたいなと思ってます。もちろん鬼ママに変身するときもあります。特に寝不足のとき。

 

 

女性は寝不足になると男性より攻撃的になったり、うつ病になるリスクが高いんですよぉ。鬼ママに変身すると、最近は長男が「ママ寝て来て」というようになりました!!

 

 

全ては睡眠ですね!!

 

 

もっと多くの保育者に届くよう、育児・家事に仕事をこれからも一生懸命頑張りたいと思ってます!

 

みなさん、いつも応援ありがとう♡