〇〇〇の時間と親の気持ち

【子どもの睡眠教育プログラム】
「息子(10ヶ月7日)がベビーベッド上で自力入眠出来るようになりました!」

ベッドに置いて部屋を出た後、ギャン泣きせずにコテっと…!
今までは朝寝も昼寝も抱っこ紐でしていたので随分と身体が楽なりました!
もちろんこの日は家族中に報告して喜びを伝えました。(笑)

昼寝は「試しにベビーベッドに置いて様子を見てみるか」と思い気楽にトライしたところ…これまたギャン泣きせずに入眠しました!!昼寝の時間帯は外出も多く、定着できるかは分からず期待もそれほどしてはいませんが、息子の睡眠が良い方向に進んでいるのを感じて嬉しく思っています!!
真っ暗な部屋、ベビーベッドを自分が寝る場所だと認識してくれたのでしょうか。

改善出来たのは以前愛波さんにアドバイス頂いたように、
①〇〇〇の時間をキチンと取る
②親の気持ちの〇〇〇
この2点が大きかったかと思います。

今思えば、寝る前のルーティンをスムーズに行うことばかり気を取られ…息子と触れ合う時間が充分ないままサッサと、また私自身が不安な気持ちでベッドに置いてしまっていたので、彼も不安になりギャン泣きになってしまっていたのかと思います。アドバイス頂いた後は寝る前にたくさん抱きしめ、どうしたら息子がリラックスした気持ちで寝てくれるのか。失敗してもまた相談すればいいや。と肩の力を抜いてトライできました。ありがとうございました!

Y.H様( Japan)