子どもや親の性格、希望、環境

『生後6ヶ月の我が子の夜泣き問題で悩んでいました。』

生後4ヶ月位から寝かしつけ、6ヶ月頃から夜泣き問題にだいぶ苦労してきました。
寝かしつけには2,3時間かかるのが当たり前で「背中スイッチ」何度も押してしまいスタートに戻るし
夜泣きは大体2時間おきの日々。途方に暮れながら本やネットで見た方法を試行錯誤するもまったく効果がなく愛波さんに相談しました。

旅行や引越しが落ち着いて子どもが9ヶ月になった頃、まずは夜のトレーニングから開始我が子は夜だけでなく昼もあまり上手に寝られない子でしたが、愛波さんに相談する前までは、今日は昼間寝なかったから、その分夜は疲れて寝てくれるかも~なんて気軽に考えていた時もありました。

でも実はそれは間違いで、愛波さんから”Sleep promotes sleep.”という言葉を教わり、昼間の睡眠がいかに大事かをようやく理解しました。

結果、約1週間のトレーニングを経て、夜7時就寝、朝7時起床まで12時間夜通しで寝られるようになりました!!一歳になった今でも、昼間は午前午後の2回お昼寝、夜も約11時間睡眠が続けられています!依頼してよかったポイントのまとめ。

  1. 単に子どもの月齢に合わせたコンサルテーションというわけではなく、子どもや親の性格、希望、環境をふまえた提案をしてくれたこと。本やネットでは何が正解かが非常にわかりづらい!
  2. トレーニング自体は約1週間で完了し、短期で結果が出たこと。
  3. ベビーモニターの動画を共有するなどして常にタイムリーにアドバイスをもらえたこと。

メールやビデオ電話だけのコンサルテーションでどこまで変わるかな、と最初は正直半信半疑だった主人も、感謝してもしきれない!と言っています。