6ヶ月のクライアント様 睡眠改善成功!

米国IMPI公認 日本人初 子どもの睡眠コンサルタント&妊婦と子どもの睡眠コンサルタント資格取得講師 愛波文です。

 
コンサルテーションの経験をクライアント様が書いてくださいました!!6ヶ月のお子様がいらっしゃるご夫婦でコンサルテーションを受けてくださいました
 
———————————————–
 
6ヶ月頃から夜泣きが始まりました
毎回起きて椅子で授乳していたのですが大変になってきたので 添い乳 に切り替えました 
 
夜泣きはどんどん激しくなって最終的には1〜2時間に一回起きるようになってしまいました
 
それが2ヶ月続き、心身ともに限界を迎えていました。
 
夫はとても協力的で、深夜の抱っこを代わってくれたり、マッサージしてくれたりしていたのですが、それがかえって主人にもストレスがかかってしまい、夫婦ともに限界でした。
 
どうしても、なんとかしなくては!と、思い検索しているうち、あやさんを見つけました。
 
インターネット上しか情報が得られないと、本当に大丈夫だろうかと、はじめは不安でした。
 
でも、スカイプでお話したら、そのお人柄の良さに、「この人だ!すぐさまお願いしよう!!」と、心は決まりました。
 
起きてから何時間で眠くなるか、眠くなる合図など教えていただき、とても役立ちました。
 
本当にその通りに子供が眠くなるのです!
 
ーーー
 
環境改善のことや規則的なスケジュールなど、具体的なアドバイスがあり、何をすべきか明確にわかったのも良かったです。
 
行動を起こし、毎日に変化が起きていたので、
コンサルテーション中は充実感のある日々でした。
 
環境改善しただけで、寝付きが良くなりました。
 
おっぱいと抱っこを駆使して一時間かかっていたのが、おっぱいも含め20〜30分ほど。その内抱っこの時間は5〜10分ほど。
 
今までは、号泣したりえびぞりされたりする中抱っこして必死で寝かしつけていたのが、
そんなに泣かず、おとなしく、すんなり寝るようになりました。
 
魔法のようでした!
 
でも、魔法はそれでは終わりませんでした。
 
ーーー
 
いよいよ睡眠改善に入った時、初日から夜泣きが激減しました。
 
19時に寝て7時起きるまで、たったの2回しか起きませんでした!
 
依頼前は、7〜9回起きていたので、大改善です。
 
おかげさまで夜はゆっくり寝られるようになりました。
 
今は子供が寝てから主人に留守番を頼み、マッサージを受けに行くこともできています。
 
 
今では、夜の寝かしつけは、暗くしたお部屋に子供をベビーベッドに残すと、5分〜15分ほどで一人で寝ていきます。
 
子供が寝るのを待つ時間が、良い休息タイムになっています。
静かに心を落ち着ける一日のリラックスタイムです。
 
あやさんに依頼する前とは大違いです!
 
ーーー
 
ゆっくり寝られることでストレスが減り、イライラすることが減りました。
 
夫婦で疲弊していました。
夫もあやさんには大変感謝してます。
 
 
夜泣きに対して困っていた頃、いろんな人に相談しました。助産師、看護師、保育士、周りのママ友、おばあちゃん等。
でも、誰からも明確な答えはもらえませんでした。
 
「今だけだから。成長すれば自然となくなる。
離乳食進めば、断乳すれば、寝るようになる。
成長の証で仕方がない。一人で寝るのはまだ早い。うちも2歳まで夜泣きがあったんだから。」
 
どうすれば解決するのか、明確な返事はもらえませんでしたし、一人寝コーチングには反対意見ばかりでした。
 
疲労困憊していた私には、壁が立ち塞がるように感じてしまいました。
 
こんなにスムーズに睡眠が改善するなんて、驚きと感謝でいっぱいです。
 
日本にももっと広まるといいですね。
——————-————————————–
 
{A534F169-74C9-48F0-B4A3-BA75B906A6F4}