受講者の声

今まで睡眠に関してこうした講義を受けたことが全くなかったため、どのテーマもわくわくしながら受けさせていただいています。人生で一番時間を割いているのは睡眠、とも言われていますが、まさに睡眠こそが人生における幸福度・健康度を決めているのではないかと実感し始めてきています。
講義はresource(参考文献)を明記して赤ちゃんの睡眠を解説している点はもちろんですが、保護者にとっての睡眠の重要性や、睡眠が与える影響の男女での差を紹介しているのも良い点だと思います。コンサルタントとして様々な視点での知識を持っていることは、多種多様のクライアントのニーズに答えるために非常に重要ですよね。
課題(宿題)に関しては、単に知識の穴埋め問題…ではなく、その知識をもって実際のケースにどう対応するのか、クライアントのプライバシーをどう守るのか、といった実践的な内容が含まれている点が素晴らしいと思います。コンサルタントの講座としては当然なのかもしれませんが、正直今まで自分が受けてきた教育にはあまりないスタイルなので、新鮮です。
医師もある意味、患者さんに対してコンサルトをする職業ですから、もっとこうした実践的な教育を学生のころから受けられると良いと思うのですが(その点では、日本よりアメリカのほうが優れていると思います)。なによりも、自分のペースで受講をすすめられる点が助かっています…ありがとうございます。

小児科医 (Tokyo, Japan)

  • 子どもの成長による睡眠の変化や関係性について学べたこと
  • エモーショナルウエルビイングやファウンデーションの重要性について学べたこと

また、これらの知識を実生活で実行したところ、
少しずつ自分の子供の睡眠状態が良くなったことが一番良かったことかもしれませんね!

  • 子どもは疲れているほどよく眠ると思っていたけど、その考えは間違っていたことを学べたこと
  • エモーショナルウエルビイングが睡眠と深く関係しているということを学べたこと
  • 妊婦時期の睡眠が子どもの睡眠や出産(陣痛が長くなり、帝王切開になる確率が上がる)に影響するということが学べたこと

このコースを受講してよかったことはエモーショナルウエルビイングと
ファウンデーションを整える重要さを学んだことです。
とても理に適っている発想でコースを受けるまではスリープトレーニングに関しての知識を主に勉強するものだと思っていました。何冊か本を読みましたが受講するまでエモーショナルウエルビイング、
ファウンデーションをここまで重要視している書籍にはであったことがなかったので
この点が目から鱗でもありました。あと、アメリカにいると夜通し寝ない子はものすごく問題視されている気がして自分の行っていることにも自信が持てませんでした。
その点も納得のいく答えが得られたことが個人的な育児においてかなりプラスになりました。

A.S様(California, USA)

子どもの睡眠に悩んでいたとき、いろいろ本を読んだりネットの情報を見たりしたのですが、画一的な情報しかなく、自分の子どものケースに当てはまるのかいまいちよく分かりませんでした。
このコースの内容は、一方的な睡眠へのアプローチではなく、ありとあらゆるケーススタディを踏まえ、親と子の関係性や夫婦の関係性、家庭環境などさまざまな角度から睡眠にアプローチしているので、子どもの睡眠問題をより深くまた本質的な部分で理解できる点が素晴らしいです。
睡眠に興味をもって受講を始めましたが、親子関係や夫婦関係など家族の在り方を考えるよいきっかけになり、勉強もより楽しく感じています。
また、睡眠の問題に悩んでいるママは本当に心身ともに疲れていることも多いと思いますが(私もそうでした)、個々のケースに合わせてアドバイスできるだけの知識が得られるので、クライアントさんに寄り添えるコンサルティングができるだけのスキルが身に付くのも受講してよかったと思う点です。